読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くれなゐの雑記

身の回りの人や自分が困っていたことを記事にしています

WolframAlpha 行列編

前回WolframAlphaで3つの方法を書きましたが、もうそろそろテストが近く、そのテストに行列を使用しなければならないのでそこんとこまとめていきます

 

こんな行列を描きたいとします

\left( \begin{array}{ccc} 1 & 2 & 3 & 4 \\ 5 & 6 & 7 & 8 \\
 9 & 10 & 11 & 12 \\ 13 & 14 & 15 & 16 \end{array} \right)

こういう時はWolframlphaでは
{{1,2,3,4},{5,6,7,8},{9,10,11,12},{13,14,15,16}}
と書きます(リンク先に結果)

もちろん変数も可能で
A=\left( \begin{array}{ccc} x & 0 & 0 \\ 0 & x & 0\\
 0 & 0 & x \end{array} \right)
だと
{{x,0,0},{0,x,0},{0,0,x}}
てな感じで書いたらちゃんと計算してくれます

で、ページを見ていくとDeterminantという項目があります
そこが行列式です

逆行列\begin{array}A^{-1}\end{array}を求めたいときは
Inv[{{x,0,0},{0,x,0},{0,0,x}}]
てな感じでInvをつけてあげると求めてくれる見たいです