読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くれなゐの雑記

身の回りの人や自分が困っていたことを記事にしています

文書作成ソフト使い方まとめ

Kobe University Advent Calendar 2016 - Adventar の 16日目を担当させていただきました。

さて, そろそろ卒論シーズンですねもうかきはじめている人もいるかと思いますが、皆様何を使っていますか?
文書作成ソフトですとWordが簡単で使いやすいみたいなのをよく聞きますが、本当に使いやすいですかね…? 結構上級者向けソフトだと思ってます。
TeXを使ったことがないみたいな人も知り合いにいましたので, Word, TeXとついでにmarkdownで使ってるTipsをもりもり描いていこうかなと思います。
エディタとかは色々使ってみて使いやすいのを選ぶといいと思います。いまだにしっくり来るのがないのでオススメを教えてください

TeXの使い方

概要

TeXコンパイルをしていい感じの見た目に自動的に揃えてくれます。個人的にはWordを使う前に、TeXを触ってからWordにいくといいと思ってます。
あとTeXLive使ってる人はアップデートしておきましょう。(外部コマンドの実行 - TeX Wiki)

エディタについて

TeXは色々なエディタで使用できます. 最初はVimを使っていたのですが、なんかプラグインがバグりまくってまともに動作しないのでIDE的なやつを入れることにしました。結果、以下の3つのエディタに行き着いた.
IDe的なやつを使うと表の挿入が簡単にできたりするので好き

本当はそれぞれのエディタを説明したいところだけど, 説明することがおおいのでざっくり特徴を抑えておく。

  • Sublimetext: デフォルトのスニペットが優秀, 普段良く使ってる人も多いので初期の学習コストも少ない人も多いハズ
  • TeXstudio: WindowsではしんどいTeXとエディタの連携がこれを使うと簡単にできる。 内蔵のビューワーと補完が優秀 Vimキーバインドが使えなくてこれは使ってなかったけどそれさえ使えればって感じ
  • kile: 一応クロスプラットフォームでも動くと書いているけどLinux以外ではいい感じではない. 最初Tab幅とか補完とかの設定が少し面倒 使い勝手はTeXstudioと同じくらい。 最初は設定を上からみてポチポチボタンを押していこう あとひとつの数式だけコンパイルしてプレビューみたいなのもできる 便利

バージョン管理

文章を推敲していった時、他人に何処を変更したか、あるいは変更してもらったか等を見る、また複数人で一つの文章を書く と言ったときにgitなどを使ってバージョン管理が出来ると非常に便利。
適当に章でbranchを切って複数人で作業をしたりできる. Githubのプライベートリポジトリとかに上げておけばどこでも編集できるし、先生に変更を通知できたりして便利。

一つの文で改行

特に習ったわけではないが、こうしている。
TeXでは、1回の改行は特に意味はない。
1文ずつは短いほうが良いので, こうすることで長い文を簡単に見つけ出すことができる.

大きな文章(卒論等)を書く場合、それぞれ章を分けて別々にコンパイルできるようにする

なっがい文章を描く時、いちいちコンパイルが長くてしんどくなってくる。章ごとにコンパイルして確認するとコンパイル時間が短くなって便利.
これを見たらできる
qiita.com

Wordの使い方

概要

WYSIWYG(What You Get Is What You See)なエディタ(?)で非常に直感的なUIをしていると思います。
それ故に機能をほぼほぼ使わずにある程度形にできてしまい、Wordを使った気分になった人も多い印象です。(酷いケースだとスペース(' ')で無理やり中央寄せをしていたケースを見た)
TeXと比較しながらよく聞かれる機能を紹介する。

見出し機能(Section相当)

[ctrl+alt+1,2,3]でsection, subsection, subsubsection相当の挙動ができる.
このように追加した見出しは, wordのナビゲーションウィンドウから一覧を表示することができて、後の検索にも便利。
もちろん, 前に章番号を置いたり、それぞれフォントを変えることもできる。
積極的に使っていこう
またこの機能を使うと自動目次挿入機能でしっかり目次を作成してくれる。

図番号, 表番号の相互参照(\label, \ref相当)

図番号を描くときに 図xxをyyyして… のxxの部分は手打ちしていないだろうか? 前共同で描いていた人がこれを手打ちで描いていて反映が非常に苦だった。
相互参照という機能がある。図を追加し、その図を右クリックして[図表番号の挿入]を選択し、図を挿入。
[alt+n r f]と入力すると、相互参照のメニューが出てきて適当にガチャガチャやると挿入ができる。
これをすることで、参照先の図番号が変わったりしても反映してくれる。
しかし全自動で反映してくれるわけではなく、全選択→右クリック→フィールドの更新をする必要がある。
ちなみに参照先がなければエラー! 参照元が見つかりません。と出る。

参考文献リスト(bibtex相当)

[alt s m] を入力すると資料文献の管理ダイアログが出てくる。これを使用すると、参考文献のリストを一括管理することができ、 [alt s c] で登録したリストを参照して\cite相当の挙動をすることができる。
スタイルも変更可能で、必要があれば作ることも出来る。
最後にリストをまとめてReferencesとしてのっけたいときも文献目録機能で乗っけることが出来るので使っていこう。

図を並べたい

Wordで図を横に並べる時は、表機能を使うと便利。
表を並べて、その中でうまいこと調整してあげよう。

数式番号を挿入したい

この記事を参考にしよう
toomva.blog60.fc2.com

数式のフォントを変えたい

note.chiebukuro.yahoo.co.jp

バージョン管理

変更履歴機能を使おう 印刷したときも赤字で変更箇所を明示してくれて非常に便利 推敲していく時に使っていこう
support.office.com

wordの数式で等号揃えをしたい

kenkitagawa.cocolog-nifty.com

この文字を行末に持ってきてほしくない

禁則文字機能を使いましょう

、。→, . にしたい

オートコレクト機能を使えばよい。
michisugara.jp

markdown

概要

ささっと描くときとgithubのreadmeを書くときに使う

エディタ

  • Sublimetext, Atom, Marp(プレゼン用)

.pdfにしたい

こちらの記事を参考にする
kurenaif.hatenablog.com
kurenaif.hatenablog.com

.htmlにしたい

sublimetextもAtomもhtmlにする機能があるのでそれを使えば良い。

あとがき

全体的にババババッってまとめる感じにしたかった
それぞれ気になる機能があればおそらく自分でググればすぐ出てくるので調べていただければと思います。

ubuntuにsourcecodeProを入れる

タイトル通り こちらの記事をコピペするだけで行けました
ubuntu 16.04

askubuntu.com

#!/bin/bash
mkdir /tmp/adodefont
cd /tmp/adodefont
wget https://github.com/adobe-fonts/source-code-pro/archive/2.010R-ro/1.030R-it.zip
unzip 1.030R-it.zip
mkdir -p ~/.fonts
cp source-code-pro-2.010R-ro-1.030R-it/OTF/*.otf ~/.fonts/
fc-cache -f -v

CODE FESTIVAL 2016 qual A. D - マス目と整数 / Grid and Integers

解説に乗ってるけどちょっとわかりにくかったので自分の言葉に置き換えて整理します。 あとイラレの練習(
http://code-festival-2016-quala.contest.atcoder.jp/data/other/code-festival-2016-quala/editorial.pdf
)

要約

行列A = [a_{i,j}], (i \in [1,R], j \in [1,C]) が与えられる.
N個の要素には, すでに値が記入されている.
すべての値は, 以下の条件を満たさなければならない.

条件1. すべての範囲内のi,jに対して,  a_{i,j}+a_{i+1,j+1} = a_{i+1,j} + a_{i,j+1}
条件2. a_{i,j} >= 0

問題の変形

この問題では, 変形が重要です.

条件1の変形

条件1を変形すると,
 a_{i,j}-a_{i,j+1} = a_{i+1,j} - a_{i+1,j+1}
となり, 左右同士の差は上下で等しいことがわかります。図の矢印方向の差が等しいということですね
f:id:kurenaif:20160925221650j:plain
上下で等しい 上下で等しい… と下へ下へつなげていくと, 結局同じ列どうしの比較だと, 行にかかわらず差が等しいことがわかります。
f:id:kurenaif:20160925222232j:plain

さすがに, 列が違うと差は変わってきます.(同じだと思ってた時期が私にもありました…)
ここで, それぞれの行の一番左の値(a_{1,1} ,\cdots,a_{R,1}) を 簡単のためにx_1, \cdots, x_R とおき,
a_{i,0}-a_{i,1}, a_{i,1}-a_{i,2}, \cdots, a_{i,C-1}-a_{i,C}y_1, \cdots, y_C とおきます.
f:id:kurenaif:20160925223126j:plain

すると, a_{i,j} = x_i + y_1 + y_2 + \cdots + y_C と表記できることがわかります.

yy_j = y_1 + y_2 + \cdots + y_j = \sum_{i=1}^{j} y_i と置き換えると,

a_{i,j} = x_i + y_j と簡単にすることができます。(画像つくり忘れたんですけど, 矢印が左端からそのマスまでたどり着いてるイメージですね)

詳しい証明は解説参照で, ざっくりいうと, 条件1が成立するためには,
すべてのa_{i,j} = x_i + y_j を満たすような, (x_1,\cdots,x_R), (y_1,\cdots,y_C) が存在しなければならない.
ということになります.

条件2の変形

条件2は, 条件1と組み合わせて,
すべての i,jで,
a_{i,j} = x_i + y_j >= 0
が成立する必要があります. 全通り試すともちろん時間が足りないので, 工夫が必要です.
実は, x_i, y_j のとり方はuniqueではありません. 例えば, x_iを+1したら, y_jを-1したら良いです.
一番小さいところからスタートして(x), 一番小さい値を足す(負の数)と, a_{i,j} の最小値が求まり, これが0以上になればOKっぽそうです

実装方針

a_{i,j} = x_i + y_j を求める.

グラフを使って求めます. x_iy_iを頂点と捉えます.
その間を入力r,c,aを使って
x_ry_c をつなぐ重さaの辺を貼ります.
この時辺と頂点の関係を, x_r + y_c = a と定義します.

二変数なので, なにか一つ値を決めないといけません. 一つ値を適当に0(なんでもいいです)と決めると, あとは随時決まっていくのがわかると思います.
(例えば, x_0 + y_1 = 3, x_0+y_2 = 4 という風に辺が張られていたら, x_0=0と定めると, y_1, y_2は自ずと決まってきます)

こんな感じでDFSで求めていきます.

条件2

DFSと一緒に, xの最小値とyの最小値を更新しながら探索していきます.
xの最小値+yの最小値 < 0 ならば, "No" となります.

実装する上での注意点

xの最小値とyの最小値の初期値に注意しなければなりません
処理をするときに, x_i + y_j のように描いていると, オーバーフローするのでこのような実装をするならば, LLONG_MAX/2-1程度を上限にすると良いでしょう.

SourceCode

const ll INF = LLONG_MAX / 2 - 1;


struct Edge {
	ll t;
	ll c;
	Edge(ll to, ll cost):t(to),c(cost){}
	Edge(){}
};

vector<ll> weigh;
ll R, C;

bool DFS(ll node, vector<vector<Edge> >& edge, ll& xmin, ll& ymin) {
	if (node < R) xmin = min(xmin, weigh[node]);
	else ymin = min(ymin, weigh[node]);
	for (auto &to : edge[node]) {
		if (weigh[to.t] == INF) {
			weigh[to.t] = to.c - weigh[node];
			if (not DFS(to.t, edge, xmin, ymin)) return false;
		}
		else {
			if (weigh[to.t] + weigh[node] != to.c) return false;
		}
	}
	return true;
}

void solve() {
	cin >> R >> C;
	ll N = in();
	weigh.resize(R + C, INF);
	vector<vector<Edge> > edge(R+C);
	REP(i, N) {
		ll r, c, a; cin >> r >> c >> a;
		--r; --c;
		edge[r].emplace_back(R+c,a);
		edge[R+c].emplace_back(r, a);
	}

	bool res = true;
	ll xmin, ymin;
	REP(i, R + C) if(weigh[i] == INF and edge[i].size() > 0) {
		xmin = ymin = numeric_limits<int>::max();
		weigh[i] = 0;
		if (not DFS(i,edge,xmin,ymin) or xmin+ymin < 0) {
			cout << "No" << endl;
			return;
		}
	}
	cout << "Yes" << endl;

CODE FESTIVAL 2016 qual A. C - 次のアルファベット / Next Letter

解き方

この操作をして, 辞書順を小さくするためには, 'b'より大きいものを一周させて'a'にする以外ない.

辞書順最小にするためには, 手前から見ていって, 'a'にできるものは'a'にして, それ以外は無視する と言った処理をすればよい.

この処理は, K 回必ず行わなければならないので, 余ったやつも必ず処理をしなければならない。

まず, アルファベットを何周もさせることができるので, 残ったやつから'z'-'a'+1分だけMODを取った値にすることができる.

さらに残ったものは, 後ろから回していく.(後ろの1文字だけ変更になるはず)

SourceCode

void solve() {
	string S = in();
	ll K = in();
 
	REP(i, S.size()) {
		if (K <= 0) break;
		ll cost = 'z' - S[i] + 1;
		cost %= ('z' - 'a' + 1);
		if (K - cost >= 0) {
			S[i] = 'a';
			K -= cost;
		}
	}
 
	if(K > 0) K %= ('z' - 'a' + 1);
	RFOR(i,0,S.size()) {
		if (K <= 0) break;
		ll cost = min((ll)K, (ll)('z' - S[i]));
		S[i] += cost;
		K -= cost;
	}
	cout << S << endl;
}

Codeforces #712 Div.2 D. Memory and Scores

要約

a,b,k,t が与えられる.
a: Memoryさんの初期点数
b: 相手の初期点数
k: 1ターンに[-k,k]の点数を得ることができる
t: 2tターン行う

Memoryさんがかつことができるのは何通りか(MOD 1e9+7)

以下のようなdpを組む

dp[\mathrm{time}][\mathrm{diff}] := その時間(time)で, Memoryさんのスコア-相手さんのスコアがdiffのときの場合の数

更新方法は簡単で,

dp[t][d] := \sum_{i=d-K}^{d+K} dp[t-1][i]

  • sumはしゃくとり的にやって計算量を減らす.
  • 素数2k+1 なので注意する(1敗)

最終的に, d>0 の部分がMemoryさんが勝つ場合の数なので,

 \mathrm{res} = \sum_{i=1}^{配列の最大} dp[2T][i]
が答えになる
配列の最大要素, K*T くらいとっとけばいいと思ったけどなんかうまくいかなかった.
また, このままだと負の要素にアクセスすることになるので適当にオフセットかける

SourceCode

const int MOD = 1e9+7;
void solve() {
	ll A, B, K, T; cin >> A >> B >> K >> T;
	//dp[time][diff] := cnt
	vector<vector<ll> > dp(2, vector<ll>(2*1000*(210) + 1));
	int offset = 1000*(210);

	int cur = 0, tar = 1;
	if (A - B + offset <= 0) {
		cout << 0 << endl;
		return;
	}
	dp[tar][A-B+offset] = 1;
	for (int i = 0; i < 2 * T; ++i) {
		//REP(i, dp[tar].size()) cout << dp[tar][i];
		//cout << endl;
		ll sum = 0;
		//全範囲更新 TLEしそうだったら頑張る しゃくとり的に
		REP(j, 2 * K+1) sum = (sum+dp[tar][j])%MOD;
		FOR(j, K, dp[cur].size()-K-1) {
			dp[cur][j] = sum;
			sum = (sum-dp[tar][j - K] + MOD)%MOD;
			sum = (sum+dp[tar][j + K + 1])%MOD;
		}
		swap(cur, tar);
	}
	//REP(i, dp[tar].size()) cout << dp[tar][i];
	//cout << endl;
	ll res = 0;
	//REP(j, dp[tar].size()) {
	FOR(j,offset+1,dp[tar].size()){
		res = (res + dp[tar][j]) % MOD;
	}
	cout << res << endl;
}

謝辞, 参考

arrogantldiotさんのソースコードを参考にさせていただきました
codeforces.com

Codeforces #712 Div.2 C. Memory and De-Evolution

要約

正三角形2つが与えられる.
それぞれの辺の長さは, [tex:x, y (y

やること

非縮退三角形とは, 以下の条件を満たす三角形(つまり普通の三角形) 三角形の辺の長さをa,b,c とすると,
 a+b > c \\ b+c > a \\ a+c > b

少し変形して, 辺aに着目すると, 以下のような式になる

|b-c| < a < b+c

辺の長さを減らしていく方向に考えると, 他の辺を減らす量が減ってしまうことがあり, 貪欲に考えることができない.
しかし, 辺の長さを増やしていく方向に考えると, 増やせば増やすほど他の辺もいっぱい増やせるので貪欲に増やすことができる
不等号が含まない不等号なのに注意して,

 a = max(b+c-1, x)

となるようにする.
同様に, a,b,cyから初めて順に大きくしていってxになった時点で終了

SourceCode

void solve() {
	//y -> x
	int x, y; cin >> x >> y;
	vector<int> vx(3, y);
	vector<int> vy(3, x);

	ull cnt = 0;
	ull ok = 0;
	for (ull i = 0;; ++i) {
		int tar = i % 3;
		if (vx[tar] != x) {
			vx[tar] = min(vx[(tar + 1) % 3] + vx[(tar + 2) % 3] - 1, x);
			++cnt;
		}
		else ok |= 1 << tar;
		if (ok == (1 << 3) - 1) break;
	}

	cout << cnt << endl;
}

Codeforces #712 Div.2 B. Memory and Trident

要約

R,L,U,D (Right, Left, Up, Down)の4つからなる文字列が与えられる. それぞれの方向に1ずつ移動する
Memoryさんは, 文字を書き換える能力がある.
文字を書き換えて, 最終的に原点に戻ってくるようにしたい.
なん文字書き換えればよいか. 無理のときは-1を出力する

やること

各文字の出現回数を数える.
RとL, UとDが両方共それぞれ偶数同士, 奇数同士ならばOK
また,
RとL, UとDが両方共それぞれ偶数奇数同士ならば, 一文字書き換えると上記の条件に当てはまるのでOK
それ以外の場合は-1を出力する.

偶数奇数同士の時は, max(R,L) -> min(U,D) に変化させてやる.

最後に, max(R,L) - ave(R,L) + max(U,D) - ave(U,D)の個数+前処理の変化回数(1か0)が答えになる

SourceCode

void solve() {
	string str = in();
	int mapping['Z'];
	mapping['R'] = 0;
	mapping['L'] = 1;
	mapping['U'] = 2;
	mapping['D'] = 3;

	vector<int> cnt(4);

	int res = 0;

	REP(i,str.size()) ++cnt[mapping[str[i]]];
	if (cnt[0] > cnt[1]) swap(cnt[0], cnt[1]);
	if (cnt[2] > cnt[3]) swap(cnt[2], cnt[3]);

	int lsb[4]; REP(i, 4) lsb[i] = (cnt[i] & 1);

	if (lsb[0] != lsb[1] and lsb[2] != lsb[3]) {
		--cnt[1]; ++cnt[2];
		++res;
	}
	else if(not(lsb[0] == lsb[1] and lsb[2] == lsb[3])){
		cout << -1 << endl;
		return;
	}

	cout << cnt[1] - (cnt[0] + cnt[1]) / 2 + cnt[3] - (cnt[2] + cnt[3]) / 2 + res << endl;
}